Arsenal =  Go Arsenal Go  =

Entries

プレミアリーグ第24節 v Wigan

プレミアリーグ

プレミアリーグ第24節(H):

arsenal 101Arsenal 3-0 WiganWigan.png


Barclays Premier League ,
Jan 22, 2011
Ground: Emirates Stadium ,
Kickoff: 15:00 , Att 59,552


Goal:
22'Robin van Persie (Arsenal)
58'Robin van Persie (Arsenal)
71'Robin van Persie (Arsenal)

22日にエミレーツスタジアムで行われたプレミアリーグ第24節、アーセナル 対 ウィガンの一戦は、3-0でアーセナルが勝利しました。立ち上がりからアーセナルらしいフットボールでウィガンを支配しましたね。開始早々からナスリの左足のシュート、7分のウォルコットからの折り返しをファン・ペルシーが合わせたシュートはいずれも相手GKのアル・ハブシに阻まれましたが、大量得点を予感させました。

がぁ、しかしその後アーセナルは何本ものシュートを放ちましたが、ことごとくアル・ハブシに阻まれ得点を奪う事ができません。アル・ハブシはあたりまくってましたね。まるで、‘アル・ハブシめがけてシュートを放っているのか’と思ってしまうほどでした。相手GKを褒めるしかなかったですね。

先制点が決まったのは22分でした。左サイドにいたソングからのスルーパスに、オフサイドぎりぎりで抜け出したファン・ペルシーが左足を振り抜きゴールネットを揺らして先制点を奪います。

RVP2.jpg

34分にはカウンターから大きなチャンスがありましたね。ファン・ペルシーからのスルーパスに抜群のスピードで抜け出したウォルコット! そのままGKをかわしてシュート!を期待しましたが、セスクにパスを出しちゃいました。結局相手DFに寄せられ追加点を奪うことは出来ず.....この場面はウォルコットに勝負して欲しかった。その後も何度となくアーセナルは決定機をむかえますが追加点を奪えず、1点のみのリードで後半に入りました。前半のボール支配率はアーセナル67%、ウィガン33%。Shots on targetはアーセナル11に対しウィガン0。前半に試合を決めたかったですね。


後半に入るとウィガンも積極的にプレッシャーをかけてきましたが、58分にアーセナルが突き放します。58分、セスクが浮き球のパスをエリア内のスペースに送ると、完璧なタイミングで飛び込んだファン・ペルシーが後方からのボールに左足をダイレクトで合わせて2点目をGET。スーパーなパスにスーパーなシュートでしたね。見事でした。

続く70分には、ソングのスルーパスに抜け出したセスクを相手DFコールドウェルが倒してしまいPKを獲得。コールドウェルは退場となります。しかしこのPKはファン・ペルシーがホームランで失敗....これを決めてハットトリックで‘お疲れさん’だと思ったんだけどな。

R v p

しかし86分にセスクからのパスに抜け出したウォルコットがエリア内でディフェンダーに囲まれながらキープすると、最後は走り込んできたファン・ペルシーが右足を振り抜き3点目をGET!

ファン・ペルシーは自らのゴールでPKの失敗を帳消しにし、アーセナルが3-0で勝利しました。この日行われたアストン・ビラ対マンチェスターシティの一戦はアストン・ビラがシティを1-0と破り、アーセナルは2位に浮上しています^^

ライバルの結果...

Aston Villa 1 - 0 Manchester City
Newcastle 1 - 1 Tottenham
Manchester United 5 - 0 Birmingham



Starting:

Goalkeeper
Szczesny
Defenders
Sagna Djourou Koscielny Clichy
Midfielders
Walcott Wilshere Song Cesc Nasri
Strikers
Robin van Persie

Substitution:
75'Nasri - Arshavin
86'Cesc - Denilson
86'Robin van Persie - Chamakh


試合後のヴェンゲル監督のコメント:
<Wenger shows fighting spirit>
Gunners boss pleased following Latics triumph
(Sky Sports)

wenger5.jpg

「我々にはあと8試合ホームでのゲームが残っている。ホームでの試合に勝利する事が重要だ。そうすれば、タイトルへのチャンスが拡がる。我々はタイトルに飢えている。我々が上手く試合をこなしていけば、タイトル争いは興味深いものになるだろう」

「ハーフタイムの時点で1-0であったが、5,6点取れていてもおかしくなかった。でも結果としてパフォーマンスには満足しているよ」

「我々は力をつけてきているように見える。我々は我慢が必要であったが、最後は説得力のあるパフォーマンスだった。何人かのプレーヤーは得点を奪うチャンスがあったからフラストレーションが溜っただろうね。だが、1番重要な事はチームのパフォーマンスだ。そして今日の我々の出来は素晴らしかった」


アーセナルは火曜日の晩にC・Cup:イプスウィッチ戦が控えています。ヴェンゲル監督は再びローテーションを行う事を示唆しています。

「我々はゲーム毎にローテーションを行う。我々は今月9試合を行う。これはアーセナルにとって歴史的な事だ。我々は強いスカッドを持ち、偉大な選手が大勢いる。今日プレーしなかった何人かの選手は火曜日にプレーすることになるだろう」

「多くのコンペティションを戦う時は、ただ次の試合に集中するまでだ。それと何人かの選手は‘打ち身’や‘あざ’を抱えている。セスク、ナスリ、ジュルーは肩に問題を抱えている。日曜日か月曜日に検査することになるだろう。ファビアンスキーは火曜日にはまだ間に合わないだろう。アルムニアは月曜日におそらくスカッドに戻ってくるだろう」


試合後のマルティネス監督のコメント:
<Latics boss ready for relegation fight ahead>
(Sky Sports)

「前半はテンポを掴む事がまったく出来なかった。アーセナルのようなタレントが揃っているチームと戦う時にはテンポが必要となってくる。我々は彼らに恐れを抱いていたね。しかしセカンドハーフの入り方には非常に満足している。それと明らかに我々はGKのアル・ハブシに感謝しなければいけないね。彼が多くの失点を抑えてゲームをキープしてくれていた。後半はテンポを掴み、勇敢に力強く戦ってくれた。だが、レッドカードで退場者を出してしまった事が試合を決定付けてしまったと思う」

★ファン・ペルシーは復帰後、ゴール量産してますね。このまま怪我なくシーズン最後までプレーして欲しい。後は、シャマフ、アルシャビン、ベントナーだな。今後もタイトな日程が続くからチーム全員で戦っていかないとね。

しかし、ユナイテッドはしぶといですね。負けない....


ランキングに参加しております。
応援して頂けると嬉しいです。

↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
トラックバックURL 
【 http://matsusan.blog73.fc2.com/tb.php/793-1c9b5104 】

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

PR

プロフィール

matsu

Author:matsu
まつ

フリーエリア

プレミア・リーグ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Arsenal