Arsenal =  Go Arsenal Go  =

Entries

バーンリー戦を終えて...

プレミア1


Premier League
Arsenal vs Burnley
2:15pm Sunday 22nd January
Emirates Stadium


arsenal newArsenal 2-1 BurnleyBurnley.png

Goal:

59’S. Mustafi (assist by M. Özil)
90'+3 A. Gray (PG)
90'+8 A. Sánchez (PG)



1月22日におこなわれたプレミアリーグ第22節、アーセナル対バーンリーの一戦はアーセナルが2-1で勝利しました。


Arsenal
Starting:

P. Čech
N. Monreal
L. Koscielny
S. Mustafi
G. Paulista
M. Özil
A. Ramsey
G. Xhaka
A. Sánchez
O. Giroud
A. Iwobi


Substitutes:

69’A. Iwobi→F. Coquelin
87’O. Giroud→ D. Welbeck
89’M. Özil→ Bellerín





<'The fans were so important for the win'>
(Arsenal.com)

試合後のコシェルニーのコメントです。

コシェルニー:

「タフなゲームだったね。PKで1点返された後はカムバックは難しいと思った。でもアレクシスのPKで勝利を得ることができたね。3ポイントを得られたことが重要だよ。他のチームの結果も僕らにとって有利となっていたからバーンリー戦は勝利することが重要だった」

ゲームに勝てるチャンスがあると思っていた??

「Yes.なぜならアディショナルタイムが7分あったからね。1度はチャンスがめぐってくると思っていたよ。フリーキックからいいチャンスが生まれたね。最後の15分~20分で10人となるとやはり難しいしハードだよ。なぜなら引いて守らなければいけなくなるし、相手は大きなストライカー目がけてロングボールを蹴り込んでくるからね」

メンタル面においても重要な勝利...

「自信といった面においては勝ち続けることが重要だ。今節の結果をみれば我々は自身のキャラクターを示すことが重要であったし、それができたと思う。我々はいいプレーができていたと思うが、時にチームメートのためにファイトしなければいけない時がある。今日の我々はそれができたと思うよ」

ジャカのレッドカード...

「なんとも言い難いね。どういった状況だったのか見ていないしね。色々な意味でビッグタックルだったと思う。10対11の時はキャラくらーを示さなければいけないが、我々は自分達のキャラクターを示すことができたと思う」

チームのファイティングスピリットについて...

「スタジアムの雰囲気、そしてファンは僕らが3ポイントを得るために重要な存在だ。他のゲームにおいても彼らの後押しが必要だね」




<'We keep going no matter what happens'>
(Arsenal.com)

試合後のヴェンゲル監督のコメントです。

ヴェンゲル監督:

「我々にとって非常にやりにくいチームとの激しいゲームだったと感じる。我慢が必要であったし、ディフェンス面においてミスが許されなかった。でも我々はうまいこと結果を出すことができたと思う。1-0とリードを奪ったものの退場者を出し10人になったことで事態は複雑になった。バーンリーはほとんどチャンスを作ることができなかったが、彼らのセットプレーやロングボールは常に危険だった。PKで失点したあとは大きなフラストレーションを感じたよ。コクランは相手に触れていないと話していたが、私はその瞬間をみていない。でも最終的に勝利を得ることができた。残り2分で一人少ないという状況において試合に勝利することは難しい。だが、我々はどんな状況であっても前へ向かうチームであり、それは素晴らしいクオリティだと感じているよ」




応援してもらえると嬉しいです^^

↓  ↓ 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

PR

プロフィール

matsu

Author:matsu
まつ

フリーエリア

プレミア・リーグ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Arsenal