Arsenal =  Go Arsenal Go  =

Entries

アレックス・イウォビ:チーム1番のハードワーカーはモハメド・エルネニー

go arsenal





<Arsenal, Juventus alerted as agent says: Draxler WILL leave Wolfsburg>
(tribalfootball)

ヴォルフスブルクに所属するユリアン・ドラクスラーの代理人が‘今シーズン終了後、ドラクスラーは移籍する’と話しています。記事によればEURO2016開催中、アーセナルは£43mのオファーを提示していたとのことです。またアーセナルの他にユベントスやパリ・サンジェルマンもドラクスラーに興味を抱いています。

代理人Fabio Parisi氏:

「ユベントスのアッレグリはドラクスラーと話をしたし、彼らの間には差し迫った関係があったが、夏を通してドラクスラーはパリ・サンジェルマン移籍が近づいていた。£59m近いオファーが届いていたからね」

「間違いなくドラクスラーは今シーズン終了後に移籍することになるだろう。彼は喜んでユベントスに移籍する可能性もあるし、アッレグリのチームの理想的な司令塔となる可能性がある。繰り返すがドラクスラーは移籍する。でもユベントスがまた再びドラクスラーに興味を示すかどうかは別の問題だけどね」





<Alex Iwobi: This teammate hardest worker at Arsenal (not Alexis!)>
(tribalfootball)

アレックス・イウォビがアーセナルの一番のハードワーカーはモハメド・エルネニーだと話しています。トレーニングにおける一番のハードワーカーはアレクシス・サンチェスではなく、その賞賛に値するのはモハモド・エルネニーだとイウォビは感じているようです。

イウォビ:

「エルネニーはいたるところにいるんだよ。彼はトレーニングで物凄い距離を走っているんだ。彼が長い距離をカバーしていることは試合でも示されているよね」




<Arsenal compete with Leicester for Juventus midfielder Mario Lemina>
(tribalfootball)

アーセナルがユベントスに所属するガボン代表MFマリオ・レミナに興味かと報じられています。

記事によればレミナにはレスター・シティやシャルケも興味を示しているとのことです。また、直近の数ヵ月の間にアーセナルは何度かレミナをチェックするためスカウトを派遣しているとも報じられています。レミナとユベントスの契約は2020年までとなっています。夏の移籍市場でユベントスに完全移籍した際に支払った移籍金は€10mだったようですが、今では少なく見積もっても‘倍’に跳ね上がっているとのことです。





応援してもらえると嬉しいです^^

↓  ↓  

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

PR

プロフィール

matsu

Author:matsu
まつ

フリーエリア

プレミア・リーグ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Arsenal