Arsenal =  Go Arsenal Go  =

Entries

チェルシー戦に向けて...

プレミアリーグ


Premier League
Arsenal vs Chelsea
5:30pm Saturday 24th September
Emirates Stadium



Arsenal 12Arsenal  v  Chelseachelsea 12




<Team news: Latest on Giroud and Ramsey>
(arsenal.com)

チェルシー戦に向けてアーセナルチームニュース。

ヴェンゲル監督:

「新たな怪我人は出ていない。ジルーは土曜日にスカッドに加われるかどうかテストする予定だ。木曜日のトレーニングセッションではいい感じだったよ。だから復帰する可能性がる唯一の選手はジル―だ」

ラムジーについて...

「ラムジーはまだハムストリングの負傷に悩まされている。個人的に次のバーゼル、バーンリー戦には間に合わないと思う。だからインターナショナルブレイク前の復帰はないだろう。まだ彼は完璧に自分自身をプッシュできるだけの自信がないから少しでも痛みを感じるようなら我々は彼にストップをかけなければならない。リハビリは最終段階に入ってきているので彼が自信を完璧にもつことができなければ我々も彼を先に進ませることはない」

ウェールズ代表としてはプレーできる??

「そうは思わない」

ジル―は順調?

「たぶんYesかな。たぶんと言うのはもしかしたらチェルシー戦に間に合わない可能性があるからだ。今日のトレーニングセッションで様子を見極めるよ」

ラムジーが当初の予定より回復が遅れていることについて...

「少し残念な点があるね。なぜなら彼は復帰に近づいていたからだ。彼はまだ完璧ではないが、そう遠くもない。彼については慎重になる必要がある」




<Preview: Arsenal vs. Chelsea>
(Sports mole)

sports moleが予想する両チームのスターティング・イレブンです。

Arsenal
possible starting lineup:
Cech; Bellerin, Mustafi, Koscielny, Monreal; Xhaka, Cazorla; Walcott, Ozil, Iwobi; Sanchez

Chelsea
possible starting lineup:
Courtois; Ivanovic, Luiz, Cahill, Azpilicueta; Kante, Matic; Willian, Fabregas, Hazard; Costa




<'Let's change the inconvenient facts'>
(Arsenal.com)

チェルシー戦に向けてヴェンゲル監督のコメント...

ヴェンゲル監督:

「我々にとって重要な試合となる。我々は今上昇気流に乗っているからチェルシー戦は我々にとっていいテストとなるだろうし、我々は更なる成長を遂げるいい機会となるだろう」

「この10年間チェルシーは非常に強いチームだったし、それは今も変わらない。だがそれ以前は常に彼らに勝利していた。だが、再びバランスがとれた時代に入ってきているように感じる。現時点で我々も進化してきているし彼らを捕まえるいい機会だと思う。いわゆるここ数年における我々にとって‘不都合な事実’を変えるいいチャンスだと思っている」

「チェルシーはエミレーツで戦う時は常にディフェンスを固めカウンターからゴールを狙ってくる。コンテ監督はアザールやウィリアン、コスタといったカウンターに優れた選手を持っている。我々はこの3人を止めなければいけない。彼らから生み出される‘危険’をつぶすことがチェルシー戦のカギとなるだろう」


11人対11人で試合をしなければいけない...

「Yes,チェルシーとの過去2戦は10人で彼らと戦った。もちろん土曜日に結果を出すために我々のサッカーそして同様に普段通り冷静にプレーしなければいけない。なぜなら‘規律’と‘結果’は強くリンクするからだ。過去2戦の結果は11対11でプレーできなかったことによるものだよ」





応援してもらえると嬉しいです^^

↓  ↓  

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

PR

プロフィール

matsu

Author:matsu
まつ

フリーエリア

プレミア・リーグ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Arsenal