Arsenal =  Go Arsenal Go  =

Entries

ジョエル・キャンベル:シティ戦の勝利は大きなステップ...

go arsenal







<Campbell - This is a big step for us>
(Arsenal.com)

マンチェスター・シティ戦の勝利は大きなステップだとジョエル・キャンベルが話しています。

キャンベル:

「知的に戦わなければいけないゲームだったね。マンチェスターシティの能力はよくわかっているしね。彼らにスペースを与えてはいけなかった。ギャップを埋めカウンターを狙おうとしたよ。シティは素晴らしいチームだ。だが、プレミアリーグにおいてはどのチームも簡単に勝てる相手などいない。非常に競争力の高いリーグだ。我々は素晴らしいチームを相手にいい仕事ができたと思っているよ」

バルセロナとの対戦について...

「バルセロナ戦までまだ時間があるよ。今はシティー戦の勝利の余韻にもう少し浸っていたい。それからバルセロナを相手にどう戦うか検討するつもりだよ」

タイトルレース...

「シティ戦は素晴らしいゲームだったね。いい結果を得られた。大きなステップだが、前をみればまだ先はながい。我々はリーグタイトルを戦っている。この調子を維持できることを願っているよ。首位のレスターと近い位置にいるし、彼らをリスペクトしなければいけない。彼らは優れたチームだ。今シーズンの彼らはそれを証明しているよ。僕らも1試合毎に集中して戦っていかなければいけない」

忙しいクリスマス・ピリオドに関し...

「クリスマスの時期は非常に厳しい戦いを強いられる。10日間で4試合あるからね。最初の試合に勝利したから残りの3つ、サウサンプトン、ボーンマス、ニューカッスル戦も同じように勝利できることを願っているよ」




<Per Mertesacker says title-chasing Arsenal now have Plan B>
(Sky sports)

最近のアーセナルにはプランBがあるとメルテザッカーが話しています。

メルテザッカー:

「我々は時に違ったアプローチでゲームにむかうことができる。それが相手を難しくさせているんだと思う。僕らはそう考えているからそれをゲームで実戦できるようにしたいと思っている。また、我々のカウンターも相手にとっては凄く危険だし脅威だと思っているよ」

「昨シーズンマンチェスター・シティと対戦したとき我々は違ったゲームプランを彼らに示した。それは既に我々の引き出しの中にあったものだが、今シーズンはより安定感がました。その点がチームとして成長した点だね」

「時に我々はアジャストする必要がある。いつもすべての選手がプレー可能な状態にあるわけではないからね。シティと対戦するときはいつもと違ったゲームプランで向かうのが最善の策であると思うが、ただ単に考えるだけでなく練習からそれを実践する必要がある」

「その点に関しては最近の我々はうまくできているね。高い集中力とトレーニングから実戦していることによりゲームに出ている選手達はチャレンジする準備ができているんだ」




ヴェンゲル監督がタイトルに関し何かコメントすることはまだ早すぎると話しています。

ヴェンゲル監督:

「我々はまだ何も証明していないし、タイトルについて語れるだけの安定感があるわけでもない。それが今の私の意見だ。1試合毎にゲームプランに忠実に集中力をもって挑むだけだし、それを実践していくだけだよ」




<Flamini could leave Arsenal in summer even though he has not lost at home>
(tribalfootball)

マテュー・フラミニが今シーズン限りでアーセナルを離れるのでは...と報じられています。ホームエミレーツスタジアムでフラミニが出場したリーグ戦52試合でアーセナルに負けはなく、36試合で勝利しています。しかしながら32歳のフラミニは現在の契約が満了となる今シーズン限りでクラブを離れることになるだろうと報じられています。

ミケル・アルテタ、ロシツキーも今シーズンいっぱいで契約が切れることとなり、ヴェンゲル監督は中盤の強化のため移籍市場を注意深くチェックする準備ができているとも報じられています。




<Arsenal to sign Dinamo Moscow striker Kokorin…on one condition>
(tribalfootball)

アーセナルがディナモ・モスクワのFWアレクサンドル・ココリンと冬にサインすることになる?と報じられています。アーセナルは今ストライカーを探しており24歳のココリンを1月におよそ£4.4mで獲得することになるだろうとのことです。しかし、そのビジネスに関してはウェルベックのここ数週間の回復具合によるとも報じられています。

フランスフットボールのリポートによれば、アーセナルがココリンとの契約に動く時はウェルベックの状態が思わしくないときだけだとのことです。




<Arsenal scouting Crotone striker Ante Budimir>
(tribalfootball)

アーセナルがイタリア セリエBクロトーネで(ローンで)プレーしているストライカー、アンテ・ブディミルに興味かと報じられています。

24歳のブディミルはここ数ヶ月印象的な活躍をみせておりコッパ・イタリアのACミラン戦でもゴールを決めていました。記事によるとアーセナルはスカウトを派遣し最近のブディミルのプレーをチェックさせているとのことです。




<Arsenal to pounce for Basel midfielder Mohamed Elneny>
(tribalfootball)

アーセナルがバーゼルに所属するエジプト人DMFモハメド・エルネニーに興味かと報じられています。23歳のMFをアーセナルは昨シーズンもモニタリングしていたようですが、コクランの怪我もあり冬の移籍市場のターゲットとしてエルネニーが再度浮上してきたと報じられています。

エルネニーは2013年の1月にバーゼルのレギュラーに定着して以降リーグ戦3連覇に貢献しています。




応援してもらえると嬉しいです^^

↓  ↓  ↓

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

PR

プロフィール

matsu

Author:matsu
まつ

フリーエリア

プレミア・リーグ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Arsenal