Arsenal =  Go Arsenal Go  =

Entries

トッテナム戦を終えて...

プレミアリーグ

Barclays Premier League
4:00pm Sunday 8th November
Emirates Stadium


Arsenal 12Arsenal  1-1  Tottenhamtottenham 12


Goal:
32' H. Kane (assist by D. Rose)
77' K. Gibbs (assist by M. Özil)



11月8日におこなわれたプレミアリーグ第12節、アーセナル対トッテナムの一戦は1-1のドローに終わりました。


Arsenal
Starting:

P. Čech
P. Mertesacker
M. Debuchy
N. Monreal
L. Koscielny
M. Özil
S. Cazorla
F. Coquelin
A. Sánchez
O. Giroud
J. Campbell


SUBSTITUTES:

46'S. Cazorla→M. Flamini
74'J. Campbell→K. Gibbs
77'M. Debuchy→M. Arteta





<Arsene Wenger praises Arsenal's mental response after draw with Tottenham>
(Sky sports)

試合後のヴェンゲル監督のコメントです。

ヴェンゲル監督:

「非常に激しいゲームだったね。負けまいと必死に戦った選手達を称賛しなければいけない。なぜなら彼らはトッテナムという優れたチームと戦い、なんとか1ポイントを取る事ができたわけだからね」

「我々はちょっと不運であった。前半、カソルラが彼本来の姿からは程遠かった。彼は目まいをおこし競争できる状態ではなかった。そのため中盤で我々は苦しむこととなった」

「得点を奪われたシーンはおそらくオフサイドを狙いにいったタイミングがずれたのだろう。だが、後半は素晴らしいメンタルレスポンスを示した。負けるわけいにはいかないという決意をしめしたね。1対1という結果はフェアな結果だと思う。得点を奪うチャンスがあった。そう、両チームともに得点を奪うチャンスはあった」

「ゲームのあと、‘我々は良いレスポンスを示した’と感じるときはいつだって勝てなければ残念に思うよ。シティがアストン・ビラに引き分け、リバプールが負けたりしたときは特にね。ただ、それはプレミアリーグというチャンピオンシップがどのチームにとっても非常に難しいということを示している。メンタルクオリティは将来的に大きな影響を及ぼす。我々にはそういったメンタルクオリティが必要だと思っているよ」

「ベンチを見渡せば我々のオプションは限られていた。怪我人が多数出ていることが我々のゲームを難しくしている。これからインターナショナルブレイクに入り現時点でプレーできていない10人の選手のケアにあたれることを嬉しく思っている。この2週間でこれ以上の怪我人を出すことなく、何人かの選手が戻ってきてくれることを願っているよ」





<Arsene Wenger reveals Santi Cazorla affected by dizziness during Arsenal draw>
(Sky sports)

サンティ・カソルラについてヴェンゲル監督がコメントしています。

ヴェンゲル監督:

「彼を代えるかどうか考えていた。もしかしたら後半良くなるかもしれなかったしね。だが、ハーフタイムで彼を代えた。それにより後半は少しバランスが良くなったね」

「彼は病気ではない。ただの目まいで動くことができなかったんだ。カソルラは我々のゲームのガイド役を担う選手であるが、今日はボールに触ることができなかったね。何も問題ないことを願っているし、彼も試合終了後には大丈夫だと話していたよ」





<Arsenal's Kieran Gibbs "disappointed" by failure to overtake Manchester City>
(Sports mole)

キーラン・ギブスがマンチェスター・シティを抜きトップに立てなかったことを悔やんでいます。

ギブス:

「もちろん僕らは残念に思っているよ。マンチェスター・シティがポイントを落としていたから僕らにとってはチャンスだったね」

「トッテナム戦は負けないことが重要だった。そしてこれからインターナショナルブレイクだ。数人の選手が怪我から戻ってくるだろうし、フィットしてカムバックできると思う。彼らが戻ってきたらまたプッシュしていきたいね」





<Pochettino: 'Tottenham should feel proud'>
(Sports mole)

試合後のポッチェティーノ監督のコメントです。

ポッチェティーノ監督:

「アーセナル戦でみせたプレーについて誇りに思うべきだ。選手がみせた努力は素晴らしかった。我々が示したレベルやコミットメントはファンタスティックだったと思う。これらを継続していきたいね」

「この6日間で3試合戦った。最後の時間帯でその影響を感じたね。我々はまだ若いチームであることを認識する必要がある。経験は非常に重要だ。我々は成長をしていることを示す必要がある。今日我々が示したレベルは良かった。今後もっと我々の力を示す必要があるし、成長していく必要がある。我々のチームの限界を決めてしまったり、多くのことを要求するにはまだ早いよ」




応援してもらえると嬉しいです^^

↓  ↓  ↓

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

PR

プロフィール

matsu

Author:matsu
まつ

フリーエリア

プレミア・リーグ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Arsenal