Arsenal =  Go Arsenal Go  =

Entries

ブレイディ:アーセナルは早急にディフェンスの改善を...

go arsenal



<Liam Brady: 'Arsenal defence must improve'>
(Sports mole)

元アーセナルのリアム・ブレイディーが‘アーセナルは早急にディフェンスを改善する必要がある’と話しています。

ブレイディー:

「攻撃陣に関しては人々がいうほど問題を抱えていないと思う。セオがこれからもアップフロントでプレーすることが増えるだろう。オリンピアコス戦でもゴールを決めたし、サンチェスのゴールでは素晴らしいアシストも決めた」

「オリンピアコス戦はゲームを支配していた。だが、セットプレーのディフェンスがお粗末だった。それが大きな代償を支払うこととなってしまったね。ザグレブそしてオリンピアコス戦では2点セットプレーから失点した」

「オリンピアコス戦の最初のゴールはまずかったね。コーナーキックから蹴られたボールがボックス内に流れてきたとき、選手達は何が起きているのか良く理解できていなかった。マークと集中力を研ぎ澄ます必要がある。この点を改善すればより安定感が増し、正しい結果を得る事ができるようになるだろう。それと現在アーセナルが抱えているような好・不調の波もおさまってくると思うよ」





<Charlie Nicholas: 'Arsene Wenger must take responsibility'>
(Sports mole)

元アーセナルのチャーリー・ニコラスもオリンピアコス戦についてコメントしています。

ニコラス:

「レスターシティ戦のあとアーセナルには勢いがあったはずだが、オリンピアコス戦の敗戦はいただけない。ヴェンゲル監督はチェフではなくオスピナを起用したことに全責任を負う必要がある」

「最初のゴールはディフレクションであったが、2点目はベーシックなコーナーキックだった。オスピナは特にプレッシャーも受けていなかったし、あの場面ではきちんとキャッチし手放してはいけなかった」

「アレクシス・サンチェスのゴールで同点に追いついたが、3点目は無秩序だった。ガブリエルは緩くスローだったし、メルテザッカーはカバーに入るだけの十分なスピードがなかったね」





<Marco Silva: 'We were not scared of Arsenal'>
(Sports mole)

オリンピアコスのマルコ・シウバ監督のアーセナル戦後のコメントです。

シウバ監督:

「我々は凄く集中していたし、ゲームにフォーカスしていた。最も重要だったことは選手の持つ力をすべてアーセナル戦にぶつけることだった。そして自分達のことを信じ、決して相手を恐れることはなかった」

「アーセナルが得点を決めても決して恐れることはなかったよ。我々は常に対戦相手に敬意を払っているが、決して相手を恐れることなく、勝てないはずはないと強く信じていたよ」




応援してもらえると嬉しいです^^

↓  ↓  ↓

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

PR

プロフィール

matsu

Author:matsu
まつ

フリーエリア

プレミア・リーグ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Arsenal