Arsenal =  Go Arsenal Go  =

Entries

オリンピアコス戦を終えて...

UEFA.jpg

Champions League - Group F
7:45pm Tuesday 29th September
Emirates Stadium



arsenal 13Arsenal  2-3  Olympiakosolympiacos 121


Goal:
32'Pardo
35'Walcott
40'Ospina(OG)
67'Alexis
68'Finnbogason



9月29日におこなわれたチャンピオンズリーグ グループステージ第2節アーセナル対オリンピアコスの一戦は2-3でオリンピアコスが勝利しました。


Arsenal
Starting:

Ospina
Gibbs
Bellerin
Gabriel
Koscielny
Cazorla
Coquelin
Alexis
Oxlade-Chamberlain
Ozil
Walcott


Substitutes:

57'Koscielny→Mertesacker
60'Coquelin→Ramsey
85'Bellerin→Campbell





<Wenger on defeat, Ospina and Koscielny>
(Arsenal.com)

オリンピアコス戦のヴェンゲル監督のコメントです。

ヴェンゲル監督:

ヨーロッパのコンペティションにおける最悪の夜?

「チャンピオンズリーグファイナルのベンチに座って見て欲しい。そのあとに私は同じ質問をするよ」

期待とおりゲームは進んだか?

「ゲームのある部分においては非常によかったが、我々はディフェンス面において集中力を欠いてしまったし、オリンピアコスは非常に良いディフェンスをしていたよ。同様に我々は少し不運でもあった。なぜなら彼らは枠内シュート4本で3点をきめたのだからね。チャンピオンズリーグ100試合を戦えばこういったことも起り得るよ。ゲームのターニングポイントは2-2の時であった。難しいスタートをきったあと、2-2としその後ゴールを許してしまった。あの時点がゲームのターニングポイントであった。我々は65%のポゼッションを誇っていたし、簡単にゴールを奪われてしまったことが残念だ」

オスピナの起用...

「シンプルだ。オスピナは昨シーズン19試合でプレーし14のクリーンシートを達成した。それに先週もいいプレーをしていたしね。ミスをしないゴールキーパーなど存在しない。ああいったことはペトル・チェフにも起こりえたことだよ」

チェフはフィットしていなかった?

「レスター戦のあとちょっとした懸念があった。だからギャンブルをおかしたくなかったんだ。だからって、それが試合に負けた理由とはならない」

グループリーグ敗退の危機...

「状況を悪くしてしまったが、まだ戦いの中にいる。ザグレブやオリンピアコスとの再戦を考慮することができるし、次のバイエルン戦では結果を出す必要がある」

コシェルニーに関し...

「ハムストリングだ。多くのゲームを戦っているからローテーションをおこないたい理由がそれだ。他のチームもローテーションをおこなっている。ヨーロッパの他のチームのベンチをみればローテーションをおこなっていることが理解できるはずだ。ローテーションをおこなわず3日毎にプレーすることなどできない。それは受け入れる必要がある事実だよ」

今日は何が悪かった??

「サンティ・カソルラ、メスト・エジル、そしてコクランが中盤にいた。彼らは6ヶ月間一緒にプレーしている。右にはチェンバレンがいて左にはアレクシス、そしてトップにウォルコットだ。おなじみのメンバーだよ。チェンバレンの代わりにラムジーだったりカソルラの代わりにラムジーだったりするけどね。攻めに転じ前がかりとなったことによりオープンなスペースをあけてしまったね」



応援してもらえると嬉しいです^^

↓  ↓  ↓


にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

PR

プロフィール

matsu

Author:matsu
まつ

フリーエリア

プレミア・リーグ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Arsenal