Arsenal =  Go Arsenal Go  =

Entries

オリンピアコス戦に向けて...

UEFA.jpg

Champions League - Group F
7:45pm Tuesday 29th September
Emirates Stadium



arsenal 13Arsenal  v  Olympiakosolympiacos 121






<Team news: Coquelin, Flamini and Arteta>
(Arsenal.com)

オリンピアコス戦に向けてアーセナル チームニュース...

コクラン...

「昨日から戻っているよ。トレーニングにおける試合までの2日間の反応をみなければいけないが大丈夫そうだよ」

フラミニとアルテタ...

「2人ともちょっとした筋肉の問題だ。だがフラミニは今日検査をおこなう。アルテタもそうなると思う」

ガブリエルが戻って、ジルーをサスペンションで欠くことに?

「そうだ」

フラミニまたはアルテタはシリアスな怪我か?

「彼らはシリアスな怪我ではないよ。ほんの数日の問題だろう」




<Arsenal's Arsene Wenger: 'Olympiacos is a must-win game in Champions League'>
(Sports mole)

ヴェンゲル監督がオリンピアコス戦は必勝だ...と話しています。

ヴェンゲル監督:

「ホームでのゲームは勝たなければいけない。シンプルなことだ。両チームとも常に攻撃を意識して戦うことになるだろう。ホームでは団結し慎重に戦う必要がある」




<Arsene Wenger: 'United clash will not affect team selection for Olympiacos match'>
(Sports mole)

オリンピアコス戦の後にマンチェスター・ユナイテッド戦が控えているアーセナルですが、オリンピアコス戦でマンチェスター・ユナイテッド戦を意識した選手選考はしないとヴェンゲル監督が話しています。

ヴェンゲル監督:

「火曜日の夜にオリンピアコスと対戦しユナイテッドとは土曜日に戦う。5日間あるから大丈夫だよ。数人の選手はトッテナム、レスターと2試合フィジカル面において非常にタフな戦いを強いられた。その点を分析し、誰を起用するか決めるよ」




<Ox - Coquelin brings something different>
(Arsenal.com)

アレックス・オクスレイド‐チェンバレンがフランシス・コクランについてコメントしています。

チェンバレン:

「フランシスはすごくいいプレーをしてくれているよ。アーセナルのようなクラブにいると、出場機会を得ることが難しい時がある。だけど彼は素晴らしい姿勢で取り組んでいる選手だ」

「ローンに出る事は選手にとって難しいことだったりする。でも彼はローンに出てプレーで自分の価値を証明し、そしてチームにもどり出場機会を手にした。今の彼はチームにとって重要な存在となったね」

「彼はアーセナルで重要なパートを担っていると思う。毎週それを証明しトレーニングでも自分の価値を証明している。彼のプレーの多くは他の選手がチームに対しておこなうものとは違うんだ。それはチームにとって重要なものだし、彼は違う何かをチームにもたらしてくれる」

「彼がそれを継続してくれる限り、彼は選手として成長し続けるだろうし、アーセナルを助けてくれると信じているよ」





<Ox - I learn from Alexis every day>
(Arsenal.com)

アレックス・チェンバレンは日々多くのことをアレクシス・サンチェスから学んでいると語っています。

チェンバレン:

「アレクシスについて言うなら僕の知るなかで、最も情熱的でハングリーな選手の1人だよ。選手として日々のトレーニング、そして試合でもベストを尽くしているね。稀なことだけど、ベストな状態ではないときでもできる限りのプレーをしようと自分自身をプッシュするし、自分に多くのことを要求する選手だ」

「昨シーズン彼が決めたゴール数をみると彼から学ぶのは自分にとってハードなことかな..なんて考えてしまうけど、それが彼のトレーニンググラウンドにおける日々の約束事のようなものだ。如何にトレーニングし、パフォーマンスを披露し、ゴールを決めるか?そして前線での守備といったようなことを彼は常に意識しているよ」

「そういったことは我々が見習うべきことだね。サッカーをみている人皆が学ぶべきことだ。彼はサッカーを愛している。プレーすること、そしてサッカーに関わることを愛している。トレーニングからもそれは感じられるよ」

「彼は情熱的で楽観的だしチームにおいて重要なキャラクターの持ち主だ。英語が上手くない選手に対してもなんとかコミュニケーションをとろうと心掛けているしドレッシングルームをポジティブにしてくれるんだ」




応援してもらえると嬉しいです^^

↓  ↓  ↓


にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

PR

プロフィール

matsu

Author:matsu
まつ

フリーエリア

プレミア・リーグ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Arsenal