Arsenal =  Go Arsenal Go  =

Entries

エジル:ファンの期待に応えたい

プレミアリーグ

Barclays Premier League

The King Power Stadium
31st August 2014
Kick off 16:00


Leicester.pngLeicester City  v  Arsenalarsenal 13





<Mesut Ozil: 'We have potential to reach Champions League final'>
(Sports mole)

メスト・エジルが‘アーセナルはチャンピオンズリーグ・ファイナルに辿りつくポテンシャルをもっている’と話しています。

メスト・エジル:

「我々はスカッドを強化した。チャンピオンズリーグでも優れたプレーができることを示したいと思っているよ。難しいグループだと思う。ボルシア・ドルトムントが優れたチームであることは分かっているけど、どのチームに対しても恐れる必要などない。彼らもまた、僕らが優れたチームであることを知っているからだ」

「僕らはチャンピオンズリーグファイナルに辿りつくだけのポテンシャルを持っていると思う。常にどんなことも可能だと信じる必要がある。昨シーズン、アトレティコ・マドリーがファイナルに行くと予想していた人はそう多くはなかったはずだ。ワードワークをすれば、どんなことだって可能だよ」





<Mesut Ozil keen to live up to Arsenal fans' expectations>
(Sky Sports)

メスト・エジルがファンの大きな期待に応えたいと話しています。

メスト・エジル:

「ファンの僕に関する意見は重要なものだよ。ファンのみんなが僕に大きな期待を寄せてくれることを嬉しく思うし、僕も自分自身に凄く期待しているんだ。僕は10番のポジションにおいて世界でもトップクラスに入る選手の1人だと思っている。ファン、コーチ、選手達みんなが僕のベストポジションはプレイメーカーであることはわかっている。左サイドでプレーすることとは異なるものだ」

「レアル・マドリーにいる時は時々右サイドでプレーしていた。右サイドでのプレーは楽しんでいたよ。僕は左利きだし、中央に切れ込んでアシストやシュートを狙うことができたからね。でも左サイドだとプレーはより難しいものになるんだ」





<Arsene Wenger hails "perfect" Mesut Ozil>
(Sports mole)

ヴェンゲル監督がメスト・エジルについて信頼していると話しています。一部のサポーターから時々彼に手厳しい批判がよせられますが、監督は全幅の信頼を寄せています。Telegraphのインタビュー記事です。

ヴェンゲル監督:

「エジルについてみんなは非常に手厳しいね。なぜなら彼は常にシンプルなプレーを心掛ける選手だからだ。だが、彼の試合を見続ければ如何に優れた選手であるか気付くはずだよ。彼のプレーすべてが知的だし、全てのプレーのタイミングがまさに完璧だ。彼が出すパスのタイミングが遅すぎるのを見た事がないと思う」

「タイミングに関しては楽器を弾いているみたいだよ。完璧だし、彼のような選手は多くはないよ。彼は十分な賞讃を得られてはいないが、ワールドカップのチャンピオンとして戻って来た。7試合すべてにおいてプレーしたし、何試合が良いプレーをみせていた。彼はハードなタックルをしかける選手ではないよ」





応援して頂けると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

PR

プロフィール

matsu

Author:matsu
まつ

フリーエリア

プレミア・リーグ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Arsenal